Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりとめのないはなし23

今週もお疲れ様でした。
家がボロいので本当に寒いです(^^;

今週は全然何を買うか決まらなくて、発情スイッチと彼女のセイイキでも買えればいかなあくらいの気持ちで買いに行ったらどっちもなかったというorz
そのまま何も買わないで帰るのも悔しいので結局リキッドのエロシーン集めた廉価ゲーを買ってきた。
つり乙2は評判良ければどうせ中古でダブつくでしょうし、紙の上は突っ込みたいと思うほど体験版楽しめなかったので。
原画の桐葉さん(20)かわいいらしいからお布施してもいいかなあと一瞬思ったけど止めたwww
まあ評価待ちで。

ぼくの一人戦争体験版の評判がいいからやってみたけど、なんかもうビジュアルノベル形式がすでに苦痛な上、テキストが読み難い。
あー、なんか安田お得意の叙述トリックのせいのようですが。
しかし、そもそも読む気を削がれてしまってはそのトリックの種明かしにたどり着くまでに挫折してまうやろ。
というか挫折しました、もうムリポ
それに安田は別作品だけど銃騎士35の悪夢がありますからね。
私は被害を被ってはいませんが、正直酷いなと。嫌な事件でした。
まあ一言で言うと信用ゼロなんで無理。仮に買うとしても評判聞いてから出ないと買えません。
同じ2月発売の体験版だとlightの昏式ラインの新作が妙に盛り上がっているな。そっちに期待。

でもその前に次はハルキスの体験版をこれからやりますわ。
なんかこっちは評判よくないなあ(^^;
OPはすごくいいと思うんですけど、反対に中身はダメなのかしら。
前作キスアトが良作過ぎたのでみんなのハードル上がってるだけじゃないの?
たしかに中の人が違和感あるのは認める。
発表されたときから伊月役のみやびんと葵役の風音様はどれだけ脳内シミュしてもしっくりこなかったからこれから実際に体験版やっても多分慣れるまで時間がかかりそう。
よほど酷くない限り買うとは思う。
1月はこれの他に候補もあるから確定ではないけど。

つーか何気に来年は楽しみなタイトルが多いなあ。
1月:ハルキス、びしょまん、ノスタルジア、レイラインのセット
2月:lightの新作
3月:アルカディア、あっぷりけの新作、シロガネスピリッツ
4月:ソーサリー
この辺が気になってます。レイラインのセット版は完全に忘れていたよ。1月やばいかも(^^;;;

11月のアルカディア 体験版

ヒマワリと恋の記憶体験版をやっていたのですが、あまりのつまらなさに放り出しました。
リアルよりの青春物という感想が多かったのですけどこれはリアルというより青春学園ドラマ(笑)という感じを受けました。
もしくは中高生が選ぶナンバー1作家が書いた恋愛小説かな。そんな印象。
評判良かったので期待していたんですけどね、自分には合わなかったということで。

【11月のアルカディア 体験版】
新ブランドLevoLのデビュー作ということで全然注目していなかったんですけど、実はオバイブスタッフが立ち上げたブランドということでやってみた。

これは、善人の物語ではない。
これは、悪を打倒する物語でもない。
これは、妹を救うために生きる人間の物語である。


面白いですねえ。体験版がピークなんじゃないかと心配になるくらいの面白さ。
異能の力だ、オーブだ、妹を蘇らすだ、キーワードはありますけどそんなに重たい話じゃないんだろうなと勝手に思っていましたけど。
そんなことはなくて主人公の決意は固く、びくともしないほどの重さだったわけで。
絵も塗りの効果もあってどっちかというと萌え原画っぽく見えるからギャップが結構ある。
とは言っても原画の一人は早川ハルイなんで異能バトルもの得意なのは間違いないのですが……雰囲気が結構違うんですよね。あんまバトルものっぽい印象を受けない塗り。
やっぱり塗りで大分変わるんだなあと再確認。

ものすごく丁寧に作っています、少なくとも掴みはばっちり。
まさか1年前のハロウィンからはじまるとは思っていなかったよ。
主人公の用意周到さがパネエ。
そして作り手の見せ方も完璧。
主人公の人となり、仲間との信頼関係、表立った主人公の顔をきちんと前年のハロウィンで描いておいて、最後に本性を、本当の目的を見せる。
すべては自分の決して万能とはいえないむしろかなり特殊な異能の力を最大限に活かし、今年のハロウィンでオーブを盗み出すための準備であったと。
戦闘向きでもない、キューブがあれば使えないこともないだろうけど。自警団での戦闘時は暗器を使って戦ってますしね。
主人公の異能は未来視なんかではなかったというのがまたツボだった。そこから欺いていたのかよと。
シュタゲかできわたか、そんな感じの作品になるんでしょうかねえ。

仲間を裏切り、恥も外聞もかなぐり捨てて、オーブを盗む。
たとえ、今まで築いたすべてを壊すことになってもあの時の過ちをただせるのなら、他には何もいらない。


そんな主人公の妹を取り戻す物語を最後までみてみたいので購入検討します。
8割方買うとは思いますけどまだ決定ではないです。
問題は発売日、3月はあっぷりけの桐月・オダワラハコネコンビの作品もありますから。

1/7の魔法使い 体験版2

まずい、体験版の消化が追いつかなくなってきている。
積みゲは仕方ないともう諦めているけど(えー
とりあえず買うものを決めるためにも新作体験版を重視せねば。

【1/7の魔法使い 体験版2】
体験版1は正直中途半端すぎて微妙な出来だったのでもうちょっとやれば評価が変わるかなと思ったけど変わらないままでした。
やはり全体的に構成がラノベっぽいというか体験版1で1巻、体験版2で2巻みたいな感じでリリースする形式のほうが合っている気がする。
まあ分割販売なんかしたら総スカンだろうからそもそもゲームの形態として出すべきではないという感想になったわけです。

肝心の中身はまあキャラはいいと思います。
主人公最高ですね、俺TUEEEな厨二作品は好きですから。
とはいえ最大火力でなぎ払う系の主人公ではなく、小手先のテクと他のキャラのブースター役かな。
展開的には参謀ポジも担いそうですが。
キャラクターと能力、バトルそのものは厨二作品として文句ないんですが、シナリオの構成がね。下手すぎる。
なんの伏線もなく、いきなり襲い掛かってくる魔物。
しかも十数年?数十年?ぶりの出現で、主人公たちの学園にそれもタイミングよく主人公たちが実技の授業で模擬戦を行っているとことに狙い済まして登場。
よくある展開といえばよくある展開なんですけど。
主人公の強さを見せたいただそれだけのために登場させられて、しかも損害ゼロ。
魔物の強さが全然わからないわー、全く苦戦せずに主人公の隠していた能力発揮で消滅させられて、同情せざるを得ないw
何しに来たのかわからない。唐突に登場して一瞬で蒸発させられるとか不憫。
何かしらやってくる理由があればそれが多少強引でも納得できるかもしれませんがそれもないし。
消滅させた後の学園の対応もなあ。
一条兄妹がそれだけの力を誇示したんだから、もっと二人に興味を示すなりなんなしりあって良いような気がするんですけどねえ。
簡単に調書を取るだけで終わり、それもそんな場面の描写はなくテキストでさらっと流されるだけ。

体験版1のときの魔粧のときも妹たちがあっさり魔粧できてしまったのでその大変さが伝わらなかったですし、今回の体験版2でもあっさり主人公と妹に消滅させられる魔物から強さや恐ろしさとか全然伝わらない。
もう全くのペラペラなんですよねえ。
骨格そのものがダメというわけではなく、肉付けが全然なされていないからダメなんじゃないかと。
ライターは新人さんなんでしょうか?
もっと手間をかけてキャラを動かして全体の流れの中で会話や行動の数を増やさないと。
単にテキストの水増しをしろと言っているわけではもちろんないですけど、ちょっとこの体験版をやった限りだと描写不足が過ぎるなっと。

やはりスルーで。
厨二作品はご無沙汰なので期待していたんですけど。厨二は大人しく3rdEyeの新作待ちかな。
さくさくと次の体験版へと移らねば。
次はなんか一部で評判がヒマワリと恋の記憶の体験版をやってみます。

とりとめのないはなし22

あまりの寒さに腰痛が悪化してます、まあ動けるだけマシですが。
あとはぎっくりにならないように祈るのみ。

【12月が決まらない】
12月だから早いんですよねえ>発売日
あと2週間切ってるじゃないですかヤダー、なのに全然決まってません。
ハロレNDは菱吾のほうのCMムービーも公開されましたがこちらもシリアス風なのでびっくり。
てっきり美鳥のほうでシリアスをやらざるを得ないから菱吾のほうはコメディタッチなのだとばかり。
うーん、それなら成田真理に拾われたときの過去編かあるいは御門黒船に対する徹底した復讐劇になることに期待。
妹や朔のことなんかしらん、リア王なんてなかったんやぐらいの勢いで、ただひたすら復讐を遂げる感じでオナシャス。
普通の(?)戦闘メイドとショボイハローしかない成田の体術だけで立ち向かっていく話が見たい。
つまりはこのCMムービーで買いたい気持ちが湧いて来ましたよということです。
あとは発情スイッチと紙の上が気になってます。
ただどちらもあと一押しが足りぬ感じがして。
このままですと悩みすぎてスルーの可能性が高いwww
少なくとも発売日買いはなくなりそうな、様子見で。

【あねよめカルテット個別は全部終了】
のはず。
もうやる気が起きないので放置です。
もう飴は買わないかなあ、さすがにこれでGOサインがでるメーカーは信用ならない。
話が面白くない、エロが少ない、短いの三重苦。
もう少し、あと1,000円から2,000円下げるか、杏ルート削るかしていればまだマシでしたが。
7,800円でこれはちょっとないかなあ。
1回あたりのエロに関しては問題ないんだけど、回数が少ない。
このゲームに関しては、シナリオを盛り上がらなくてもいいからひたすら姉とのエッチを堪能したいというか、そういうのをもとめて買ったんですけどね。
当てが外れました、それも大きく。
そして一番の不満点が杏ですかねえ。
なんでこんなキャラ設定にしたのか。
このゲームを買う層は姉に甘えてイチャラブしたいってのが大半であろうに。
歳が近くて友達感覚、さらにそれでも一応年上のはずが精神年齢が幼い仕様。
ゲーム好きだったりいたずらばっかりしていたり家事は当然のように無能と姉要素皆無。
誰得なんですかね?こういうキャラをもとめている人はそもそも姉ゲーなんて買わないと思う。
飴に関しては姉特化ゲーを作るからこそ価値があると思うんですけどねえ。

【とな恋 涼香ルート終了】
知花涼香ルート終了。
本シナリオを終えてからサイドストーリー2つを見て、最後にプロフィールを見たという流れです。

いやいい話だけどなんか拍子抜けしました(^^;
まあ体験版のできがよく、評判もよかったのでかなり期待が大きかったのもありますが。
なんか平坦だった。
長距離走ならリズムやテンポ、アップダウンに駆け引きとかがあるけどこの二人のイチャラブにはなかった。
終始イチャラブというかイチャエロ?みたいな。
他のメインヒロイン二人があまり絡まなかったのがなあ。
特になぎさは同じ長距離のライバルとして絡むかと思ったら全然だった。そうなりそうな雰囲気があっただけに肩透かし。
あとは同じく2世ランナーのセコビッチも同じ。
涼香と同じ苦しみを持っているから絡むかと思いきや外野のまま。
基本涼香と主人公二人だけの世界で展開されてしまって……
主人公も設定的には活かされている。
マネージャーとしてもペースメーカーとしても恋人としても。
ただあまり積極的に絡んで大きく物語を動かしていくということではないのでやはりシナリオは平坦な印象を受けましたね。

それでも最後の父親との確執を乗り越えるところは涙したし、終わり方としても綺麗に終わった。
アフターエピソードを変に本編で語ろうとしないで、おまけのプロフィールで描いたのもこの作品としては成功だったのではないかと。

ミドルプライスだしエロも使えるので納得はしてますが、いまのところは悪くはない程度の評価です。
ここから評価が上がるのに期待。次は莉奈ルートにします。

【どし黒 1stシーズン終了】
やばい、神ゲーの予感……
たしかに黒髪ゲーであり神様ゲーですけど(^^;
1stシーズンを終えたばかりですけどこれは今年のベストゲーになりそうな、そんな雰囲気がありますわ。
ぶっちゃけ1stシーズンは消化不良ですけどね。次につながる終わり方で。
もちろん銀杏さんゲーです。
1stで攻略可能なのは岩長ノ銀杏媛と幼馴染のうららだけ。
さきに銀杏さんを攻略してしまったことにより、うららルートプレイ中はもう罪悪感で押しつぶされそうになっていたわ。
銀杏さんマジ女神
女神過ぎて本当にこちらがつらい、銀杏さんの過去とその想いを知ってしまっているだけにうららルートは本当に辛かった。
うららに譲る、縁結びの神としての仕事をこなす銀杏さんを見ているのが苦しかった。
うららにだってうららの積み重ねてきた想いがあるし、春人と一緒に過してきた時間は決して軽くない。
けど銀杏さんの3000年には遠く及ばないんですよねえ。
正直相手が悪い、うららだって幼馴染ルートの鉄板で十分いい話ではあるんだけど。
うららには申し訳ないけど銀杏さんに幸せになってもらいたいんです。
2ndシーズンでは報われるんでしょうけど、その前に3rdシーズンを攻略しないといけない模様。
3rdでは咲耶さんと水葉さんの二人が攻略対象。
ちょろっと進めてみましたが、なんかおかしい。設定が変わっている。
咲耶さんが主人公の妹になっているし、雪山で遭難したところで銀杏さんが出てこないで咲耶さんが助けに来る展開。
さらに首都が東京になっている。
明治維新で京都から東京になったと、正しい史実どおりになっている。
1stだと明治維新で首都が出雲から京都になった設定で、東京は片田舎だったのに。
なんだかもうこのギミックだけでワクワクします、期待が膨らみます。
とりあえず3rdは咲耶さんから攻略するつもりです。

Gのレコンギスタ #10「テリトリィ脱出」

MSの格闘戦、殴り合いとか好きだし、プロレス技まではOKだ。
だが誰がドラゴンボールレベルまで望んでいるというのか。
Gセルフ無双、ベルリ無双なのはまあ主人公補正で仕方ないにしても……あれはやり過ぎです。
Gセルフ本体の強さもあるけど、いくら薔薇の設計図に沿っているとはいえあれだけのバックパックを作る技術をアメリア、アーミィともに持っているのに他のMSの能力の低さはなんとかならんのか。
相変わらず雑だしねえ。
姫様が雑なのはじゃじゃ馬の一言で済ませていいよ、もう諦めましたw
アーミィの新型3機はなんで出撃前に作戦立てておかないのか。
仕掛けてから、ミノフスキー粒子散布してから接触回線で話し合って作戦を決めるとかヤバい。
まともな軍人じゃない。まあトリニティが平和ボケしているのとアーミィが新設だというのを差し引いても酷い。
戦闘に緊張感が皆無。戦争ごっこにすぎないし、ベルリはいつから不殺になったの?
なんか爆発しないように、でも無力化はさせるみたいな戦い方をしていた。
どうせ緊張感のない戦いならジェットストリームアタックとか見たかったなあ。
やっぱ新型が三機、しかもホバリングで来たら期待するでしょ(笑

次回から本格的に宇宙に舞台を移すのかしら?
それなのに今日の放送では陸戦パックとかね、もう出番なさそうやねこれwww
一度きりの使い捨てか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。