Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりとめのないはなし24

結局年末年始はルーティンが狂う分かえってしんどいとしか。

【ゲーム】
HDMIケーブルを注文するついでに、ハロー・レディ!NDコンプリートブックをポチった。
一度はスルーしたんですけどねえ。
だってハロレスレでみんなが楽しそうに話しているんですもの。
まあFDに突っ込む連中なんでまずそんなに批判は出てこないでしょうけど、それにしても評判が良い。
成田さんが主人公している、ハロー覚醒とか聞くとさ。
超人黒船との決戦も楽しそうだし。
着弾が楽しみ、でもいつやれるのかは不明(え-

1月はどうしましょうかね。
とりあえずハロレNDを買ってしまったのでびしょまんはスルーする方向で。
これもそのうちセット販売するでしょ。
2弾は途中で放置してそのまま、仲居さんは手を出さずなんで。慌てて買う必要もないかと。
となるとハルキスとレイラインBOXか。マスターアップしたら予約してきます。
今回は地元で買う。ポイントが貯まったので2,000円引きになるし。

【文具】
あー、ついに紙物に興味を持ってしまった(^^;
ノート系は拘るとやばいですからねえ。
普段万年筆じゃないからそこまで上質なものは必要ないのがわかっていてもほしくなるのがオタク根性ですよ。
基本的に手帳とは別にメモ用に1冊なにかしら持ち歩いている人間で、これまでは100円ショップのノートで十分だったんですけど。
かといってモレスキンとかトラベラーズノートにまでは気持ちが向かない。高いし。
いま気に入っているのはエトランジェ デ コスタリカのA6ノートパッドとロルバーンのスリムとMサイズなんでそんなレベルのものです。
あとは気になっているのがニーモシネとかマークスのノート。
たぶん手を出したとしてもミドリのMDノートが限界かなあ。
ハンズbeで1月いっぱい使える5%割引券もらったのでガッツリとロルバーンのノートを買ってきてしまいそう(^^;

【NBA】
年末年始はNBAの放送もなくなっちゃうしねー、年末年始こそスポーツ放送を充実させるべき。
まあケーブルテレビと契約すればいいだけなのかもしれないけど、正直元を取れる自信まではないwww
イーストは自分がプッシュしていたアトランタが首位にきました。
だから言ったじゃん、すごくいいって。まあ本命はクリ-ブランドですけどね(ぉぃ
ゲームを支配するほどのスターはいないものの華麗なパスワークで相手を翻弄する様は見ていて気持ちいい。
一方ウエストで押していたダラスは大型補強、優勝経験のあるロンドを。
多くの人は盛り上がっているようですが、個人的には多分プレイオフで泣きをみると思う。
代わりに放出したセンターのライトが痛い。
これで控えのビッグマンがいないですもんね。どうすんだろ?チャンドラーがファールトラブルになったらお終いじゃん。
優勝したときは控えにダレンベアとかがいた。
PGはハリスとネルソンで十分回せてたと思う、あえてロンドを取るほどでもない。
そして個人的にあまり好きなタイプじゃない(^^;;;
あのゲーム中にHCと怒鳴りあうのやめてもらえませんかね。そのイメージがめちゃくちゃ強い。
本人曰く、ディスカッションだと。どちらにせよ試合中はコーチの言うこと聞いとけよと思う。
シーズン中にビッグマン取れればまだわからないけどこの布陣で行くならプレイオフは厳しいんじゃないかな?
デトロイトを解雇されたジョシュ・スミスを拾えばよかったのに。
同地区のヒューストンに持っていかれたのは地味に痛いんじゃないかな?

鯨神のティアスティラ 体験版

うずまきのまみずラインの新作、もう12th作品だそうで。
結局体験版やって製品版を買うまでには至らずにここまできています(^^;

体験版をプレイした感じではまあいたって普通の萌えゲーという印象。
とくに見るべきところもなく。
鯨神の願いを叶える力というのが一つポイントになるのでしょうけど、なんかそんな設定最後まで出てこなそうな。
体験版最後では不完全なリルの神としての力を覚醒させるためののサークル『天洲楽鯨団』を作った。
ということはそのリルの力を取り戻すというのがお話の主軸として進んでいくのでしょうから。
小道具として願いを叶えるための『願い水』なるものが登場していますが、量的に大してなさそうですし使用頻度は低そう。

で、個人的になんですけど……
なんか色々な小さいつまらないことが重なって全体的にあまりいい印象がなかったりします。
こう変に気にかかって気持ち悪いというか、ムズムズするというか。
セリフが日本語的に変というかなんでこういう語順?あまり喋り言葉でも一般的ではなさそうな並びだったり。
会話の切れ方があともう1クッションなにかセリフを入れて終わらせてほしいとか。
キャラ間の距離だったりとか。
非常に感覚的なところで申し訳ない、要は自分がこのテキストに合わないみたいです(^^;;;

あとはキャラの立ち位置と役目と登場回数と登場時間のバランスがおかしい気がする。
主人公が鯨神の御使いになったはずなのに、鯨神と一緒にいる時間があまりに少なすぎる。
それが問題になった展開はありますけど、それはただのかまってほしいというやきもちレベルの話。
力を取り戻したいんですよね?>リル様
それならもっとこうがっつり主人公に付きまとって力を取り戻すべくアクションを起こしていい気がするんですけど、それがない。
ものすごく違和感があります。
そして代々御使いとしてのお役目をこなしてきたけど、今回は悠真に取られてくやしぃーの天川湊月さん。
リル様のご指名こそないものの結局主人公と二人で御使い役をこなすことになった割には出番と絡みが少なすぎて空気。
出てきても活躍の場は全然ないという。
キャラクターを全然掴めなかったもんなあ、あくまで優等生なのかそれともやっぱりツンデレなのかもわからん微妙な個性。
そういう意味では幼馴染お姉さんである恵那姉も一緒かなあ。
どうにも主人公に気はあるみたいで妹の真莉音と勝負をしている節はあるのですけど、全然主人公に対してアプローチしていないんですよねえ。
妹の真莉音なんかは唯一わかりやすいお兄ちゃん好き好きアピールしまくりでいいんですけど。
そんな真莉音と勝負をしているのであれば、全くアプローチも牽制もしないという態度が実に不可解。

そんなこんなでなんかキャラたちの行動が納得いかないので非常にモヤモヤというかムズムズというか、そんな感じです。
絵と音楽はいいんですけどねえ。
とくに絵は安定のまみず原画はもとよりSD原画も非常に可愛らしい上にコミカルで好きなのですけど。
今回もスルーですかね。2月はlightのヴェンデッタがありますし。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
2015年もよろしくお願いいたします。

腰痛に悩まされてる正月です。毎年冬は痛む季節ですけど特に今シーズンは酷い。
まあ働けなくなるほどではないので何とか。

年末はコツコツとゲームを消化していました。
ひとまずキミのとなりで恋してるはコンプ。
えっと、これ本当に評判いいの?(ぉぃ
最後のサイドストーリーで恵と勝彦の話がなければ相当辛口の意見を書いていたと思う(^^;
この二人のサイドストーリーがあってなんとかミドルプライスだし仕方ないかと納得できたというか。
メインの話の弱さがどうしようもない。
涼香=山がなく一応最後に父親とのすれ違いは解消したからクライマックスで何とか挽回
莉奈=なんもなかった。まじでなんもなかったorz
なぎさ=なぎさルート?なんか色んな人たちの話がごっちゃでなぎさルートとは言いがたい
とまあ私的にはどこがいいのかさっぱりわからず。
メインが全然だけどサブたちが頑張ったところを評価してぎり及第点。

どし黒はうららを終えて3rdシーズンの咲耶と水葉も終了。
完全に3rdシーズンはパラレル。
どちらも終盤涙がぽろりとするシーンはあるものの、やはり踏み台なんですよね。
このゲームは完璧銀杏さんゲーで銀杏さんルートの補足のために他のヒロインルートが存在するみたいな。
まあおかげで最後のトゥルー、2ndシーズンは期待。
1月ゲー発売までには終わらせたいなあ。

体験版もいま二つ並行でプレイ中。
ラウテスアルタクスと鯨神のティアスティラ。
ラウテスアルタクスはもういいかな。とくに見るところもなさそう。よくある量産型萌えゲーっぽい。
立ち絵が舞空術しているのはワロタ。
鯨神のほうは鯨神タソがまじ女神すぎて困る。まあ渦巻なんで過度の期待はしてはいけないですが。
ひとまず最後までやってみます。
これが終わったらゆきこいめるとの体験版。
呉ゲーは体験版もやる気が起きなくなりました。だって開始1分でグチャるとか、そんな話聞いたらもう無理ですわ。


シルヴァリオ ヴェンデッタ 体験版

勝利からは逃げられない。さあ、逆襲を始めましょう。

lightの昏式龍也ラインの新作。
ヴァーミリの評判がいいのでゼロインに突っ込んだら盛大に踏んだ過去。
もう二度と昏式ラインなんて買うか、うわぁーーーんと涙したのですが……

滅茶苦茶面白かった。
厨二具合はもとより正田ラインに負けてなかったとは思うんだけど、ちょっとわかりにくいのとテキストとの相性が個人的にとにかく悪かった。
それが今回の体験版は一気に最後まで駆け抜けてしまった。
そもそもスタートがよかったから、そこでがっちり心を鷲掴みにされた。
いきなり大虐殺のプロローグとか最高すぐる。
その大虐殺を行っていた怪物二人に立ちはだかるヴァルゼライド大佐とかめっちゃ燃えるわー。
そして一方でその怪物と英雄の戦いを目の当たりにして、敵前逃亡する脱走兵主人公ゼファー。
無理だ。あんな風にはなれない。なりたくもない。
なんちゅー凡人が主人公なんだとむしろワクテカした(笑
まあもちろんただの凡夫なわけはなく主人公も当然強化兵だし、あとから能力的には今後総統閣下になるヴァルゼライドと同じ特化型だということがわかるんですけど。
基本的には、俺は弱い。俺は弱い。役立たずの一点特化、優れた奴には敵わないを信条に、
隠れる、探る、逃げるの3つが大得意なゼファーさん。
そんなゼファーさんの一点特化型の能力とは何ぞや?ということでお仕事で一戦交えて、つい帝国アドラーの最高機密に触れてしまうところで体験版は終了。
戦闘見る限りゼファーさんは弱くないですね、全然。
そして5年前の大虐殺を経験しているからか、思い切りがいい。残虐非道に慣れている。
効率重視で戦うゼファーさんは容赦ないですわ。
ただやっぱり能力的に騙まし討ちに近いやり方の方が活きますし、能力のふり幅が大きい分反動で返ってくる肉体的ダメージのデカさが致命的かな。
よっぽど追い込まれない限りは使えない能力なのが痛い。
今後のバトルをどうやって切り抜けるのかが一つの大きなポイントかと。覚醒するのかしないのかも含めて。
しかし同様の特化型でも総統閣下は精神力で乗り越えているのがすごいわw
どれだけメンタル強靭なんだよ。

世界観がまた素敵。
新西暦1032年、旧西暦は2578年に勃発した第五次世界大戦でユーラシア大陸の六割近くを吹っ飛ばして終わっている設定。
石油燃料の枯渇が叫ばれる中、日本が発見した未知なるアストラルという素粒子。
それを寄こせと西の近隣国が攻めてきたのが戦争の原因らしい。
アストラルという素粒子が物理法則やら何やらを捻じ曲げてる。金属の抵抗値がないとかね、なにその不思議現象。
さらにアストラルにより異能の力を持つ強化兵が生み出されるとか。
今回は異能の元がわかりやすくていい、ただあまりにわかりやすいので多用されると萎えるかも。
某ミノフスキー粒子のように何でもありで、困ったらそれに丸投げな感じにはなってほしくない。
ついでに旧西暦時代にあった技術がいまは失われてロストテクノロジー化しているのもよい。
しかもそれがアストラルを発見した旧日本製の超技術。
列島は消し飛び民族も大半が消えたのにロストテクノロジーをもとめる日本崇拝国まである始末。
正直ここまで色々撒き散らされると期待が膨らみすぎてやばいです。
いくらでも話を大きく出来そうだし。
ただなあ、ゼロインもそうだったけど結局敵の数が限定されて小さな話で終わりそうな気もしてます。そこが怖い(^^;
そう言えば体験版の最後に出てきたキャラがゼロインのオルフィレウスさん説が出ているんだけどまじか?
これで永久機関とか絡めてきたら本当に傑作ゲーになりそうな。可能性はあるでえ。

音楽もよい。
BGMがヴォーカル付きのものが多い印象ですが、それがもう雰囲気にマッチしすぎ。
サントラ出たら買うかも。
ただここのサントラ割高なんだよなあ(^^;
戦神館も高かったし、それにあの鑑賞モードで聞いていると変なところで切れるのは仕様だったらしくCDでも直っていなかったとか。

2月はこれかなあ。
ほんともう昏式ラインを買うことはないと思っていたのに体験版でここまで嵌るとは(^^;
厨二なセリフや詠唱とかもう最高すぎるでしょう。
3rdEyeのソーサリーまで期待できる厨二ゲーはないんだろうなと思っていたけど2月とか良い時期にぶっ込んできてくれました。

ハルキス 体験版

評判がよくないのが実に良くわかった。
比較対象が前作のキスアトだからどうしてもハードルが上がって辛口評価にはなるでしょうけど。
ダメだししている人たちに全面的に同意、作りこみが甘くてツッコミどころが多い。
そしてどうしてあんな唐突に体験版を終わらせてしまったのか?
ちょっとビックリするタイミングで終わったわ。

何より一番ダメなのが主人公。
過去に何かやらかしたみたいな設定をチラつかせてはいるけど、あそこまでヘラヘラしてへりくだっているのは何なのか?
だってプレイしていて所々不快に感じるレベルですからねえ。
キスアトの主人公がまじ良主人公だったのでこの落差はあまりに大きい。
何も考えてない流され系というわけではなく、考えた上でああいう態度を取ってる主人公なのでまだこれ以降挽回の余地はあるでしょうけど。

あとはもう全体的な輪郭が見えずにぼやけているのがマイナス。
キスアトはアート、キスベルは(未プレイですけど)クリスマスと全体の枠なり目指すべき指標があったりしてわかりやすかったけどこの作品にはない。
実はあるのかもしれないけど見えない。ハルってなんやねんと。
どこに向かっているのか不明で着地点が全く見えない。

キャラクター的にはヒロインは自分的にはOK、ただし天音を除く。
無理です、このキャラだけはちょっと。元カノだかなんだか知らないけどチクチクチクチク嫌味を垂れ流してくる。
言いたいことがあればはっきり言えばいいのに。それでも柔道家なのかしら。
キスシリーズのあじ秋刀魚担当キャラにハズレなしの法則が崩れるのか。
そのほかのヒロインは全員あり。
みやびんボイスだけは体験版最後まで違和感を拭えなかったものの、けどまあいつか慣れるでしょう。
伊月は体育会系っぽいですし、葵さんとの家でのやりとりも好き。
このみは純粋すぎて少々精神年齢が幼すぎる気がしなくもないけど許容範囲内。
サブはいまのところツバメさんだけかなーよさそうなキャラは。攻略させろください。
唯一の男友達日比野はちょっと現段階ではなんとも言えない。岡くん並みにいい味だしてくれるサブキャラだといいんですけど。

正直この感じですとキスアトには遠く及ばない出来になりそうな予感はしていますが、それでも八割方買うと思います。
こういう普通の何の変哲もない学園モノって貴重ですから。
あとは同日発売の他の作品との兼ね合いですね。

次はどの体験版をやりましょうか。次々と公開されているのでしんどくなってきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。