Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rag2suzukaze.blog.fc2.com/tb.php/54-0c4b34cb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

百花繚乱エリクシル アンルート及びノーマルエンド終了でコンプ

ここまで非常にいい出来で今年一番じゃないかと思っている百花繚乱エリクシル。
最後まで取っておいたアンドロメダルートですが…

微妙でしたorz

なんか他のエンドはどれもエピローグが優秀でウルウルきたんだけど、このエンドはそんなこともなく。
てかエピローグの位置がこれだけ違う?
まあエピローグの内容も他に比べると平々凡々で。
基本帝国の中興を支えたブルーム・ベルフラワーを持ち上げて、それを支えたのがヒロインという構図のエピローグですから、元々巡察使を支える仕事の巡察護衛使のアンは当たり前のことをしているの過ぎないのが不利ではありますが。

物語のクライマックス、対鋭竜戦はもちろん盛り上がったんですが、そこで盛り上げたのはアン以外だという。
アンは呪いで役立たず。
見せ場でその扱いですからね、どうしたって印象悪いです(^^;
むしろその戦闘専門のアンがいない中、ブルームはじめユッカフロストといった野郎どもだけでなく女性陣も臆することなく戦ったと周りの評価があがっただけですわ。残念。

もちろんアンというキャラは好きですし、個人的にシナリオ展開的な不遇キャラという認識ですね。

このルートはイマイチだったものの、百花繚乱エリクシルが今のところ今年トップの出来であるという認識は変わらず。
長さ的にちょっと物足りないと感じさせるものの変に冗長になるよりはいいですしコンパクトにまとまっている分、余計なものが入らずテンポがいい。
各シナリオとも個別に入ってからも他のヒロインそれぞれに出番があって絡んでくるのがよろしい。
みんないい娘なかりで、さらにサブ・モブとミルトス領民は素朴で暖かく、そのほか帝国民も皇帝陛下を筆頭に幼なじみのカラーさん、巡察使の上司レダマ長官にちょろいん枠のトリロバ卿といい香具師ばかりでほっこり。
何度も言うようだけどエピローグが秀逸なんですよねえ。
あれのおかげでホント終わったあと非常に心地よい。

シナリオライターの長谷川藍はここのところ出した作品がいまいちでどうなるかと思いきやここまでの良作に仕上げてくるとわ。
シナリオライターも大事だけどPやDがやはり重要ということですかね。
AXLはしっかり手綱を握って勝利した。

最後に個人的お気に入りルート順位。
バジル≧マーガレット>カトレア>ジャスミン=アン

バジルルートは至高のでき。
リリーやアベリアさんの立ちえがあればなお良かった。リリーがいい子すぎて。
マーガレットさんもよかったですけどね。メインヒロインの面目躍如というか、センターヒロインとして頑張りました。
結婚式やエトログ卿のところに現れたという母のCGがカットインとかであれば多分ボロ泣きしていたわw
このルートはブルームのプロポーズもよかった。
作品のキャッチコピーをここで使ってくるのかと。まじ男前です。
この二つは抜きん出ているかな。

とはいえ他もいいですし人によってはカトレアさんのようなエンドが最高ってひともいるでしょうし。
まあともかくお勧めなんでプレイしてみてください。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rag2suzukaze.blog.fc2.com/tb.php/54-0c4b34cb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。