Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rag2suzukaze.blog.fc2.com/tb.php/291-99720547

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ゆきこいめると 体験版

フロントウイングの美人ゲンガーななかまい作品の第3弾。
前作イノセントガールが体験版が面白かったものの結局製品は買わなかったので今度こそはと思い、体験版に期待していたのですが……

最後までたるひ可愛いくらいの感想しかなかったでござる。
何もかもが濃すぎる。この一言に尽きます。

設定が濃い。
冬嫌いの主人公がふゆ部に入部するとか、そもそもふゆ部って何?という感じです。
実際にはない、架空の部活動だからイメージしにくい。
一応説明はあったし体験入部で感じは掴めましたがぶっちゃけ何でもありありな気がするので名前にインパクトはあっても活動そのものは大まか過ぎてぼやけておりはっきりしない。
そして個人的にですが私も冬が嫌いなので主人公と共感できるのかと思いきや、この主人公チョロすぎぃっ!
まさかあれだけで落ちるとは。確かに温泉と鍋は魅力的だけれどもそれでもチョロいと思う。
まったく主人公に共感できなかった。

キャラクターが濃い。
本当に奇人変人の集まりでいったい誰がヒロインで誰がサブなのかまったくわからない。
キャラクターに関しては前情報なしではじめたのですけど、本当に区別つかなかった。
貴婦人とか絶対ヒロインで、雫里はサブだとばかり思っていたら逆だったという。
さすがに三橋さんはサブだとわかったけど相当濃い。
濃い連中が集まってずっとテンション高めだと逆にその濃いキャラクターがお互いの特徴を消しあって、目立たなくなって印象に残りにくくなってるように思えます。
結果比較的まともなたるひだけが最後まで良い印象で終えると。

ハイテンションでわいわいやるのは好きなはずですがここまで突き抜けてしまうと辛い。
「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」の良い例ということでスルー。
世の中にはこれでも全然ヌルイとかいう人もいるんでしょうけど私には無理でした。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rag2suzukaze.blog.fc2.com/tb.php/291-99720547

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。