Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rag2suzukaze.blog.fc2.com/tb.php/200-c21a2ee8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

相州戦神館學園 八命陣 晶エンド1

がっかり、がっかりですわ。
そりゃ各ヒロインごとにグランドエンドがある、言わば今回は晶ノーマルエンド的なポジでしょうけど。
加えて自分が晶がキャラ的にあまり魅力を感じていないというのもありますが…
それでもがっかりですわ。

共通は良かった。
おそらく四層突破の直後、キーラの襲来及び百鬼空亡による蹂躙までが共通だと思うんですけどそこまではよかった。
まあここまでもちょっと性急過ぎというかテンポが良すぎてそういう意味ではあと一つ作品にのめり込めないところもありますが。
肯定的に捕らえるとスピーディで畳み掛けてくるので面白かった。
さらに学園モノ、水希を除く6人が幼なじみ集団だという設定にしたのが活きていて、仲間による連係プレイが楽しめた。

しかし個別に入ると途端に他の連中が柊聖十郎により退場させられてヒロイン単独行動。
主人公四四八も同様にやられているので本当に晶オンリー。
それでも晶の夢が独力で何とかできる系のアタッカーとかスナイパーならわかるんだけどこいつ回復係ですから。
地味、それで退屈なんですよね。
しかもこのルートの敵がラスボス候補の一人だと思っていた柊聖十郎。
終わってみれば中ボス程度でしかない、全然器じゃなかった。
結局○○たいだけ、それだけのために盧生になりたいとか拍子抜け。
もっと壮大な野望があるのかと思っていたのでショボーン。
それなら盧生にならずともこの邯鄲の夢でならいくらでも他にやりようはあったのに。
聖十郎は能力的にはリア王でワロタwww
これが実はリア王IIなんじゃね?w 発売日はハロレより戦神館のほうが先ですが。
ラストバトルはきちんと晶の能力を最大限に生かして勝ち取った勝利だったのでそれはいいんだけど…やっぱ地味w

さらに最悪なのがその後。
まさかまた剛蔵が出てきてそういう展開になるとは思ってもみなかった。
完全に蛇足。暑苦しいだけです。
しかも中身ないくせに結構長いという拷問。
大勢には一向に影響しないこの話必要だったかなあ(^^;

エピローグもいまいち。
結局自分たちの知る、元の世界、元の歴史には戻せずモヤモヤ。
この今ある現実を、この現実の世界で、元の現実に近づけるように努力する、いわば俺たちの戦いをこれからだみたいな感じですっきしない。
ま、ノーマルエンドならこんなものと割り切るしかないんですかねえ。

次は歩美の予定。
実は邯鄲の夢ではかなりの実力者なのですげー期待。ヘッドショットしまくってくれる勇姿を想像するとワクテカする。
だけどそのまえに体験版崩そうかな?どうするか迷う。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rag2suzukaze.blog.fc2.com/tb.php/200-c21a2ee8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。