Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rag2suzukaze.blog.fc2.com/tb.php/102-c1bbf6d9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

向日葵の教会と長い夏休み 夏咲詠終了

この作品詠と雛桜の2ルートの評価が跳びぬけて高いのですが、ルカと金剛石のルートも個人的には楽しめたのでかなり詠ルートのハードル上がってましたが…

それでも泣いた、ボロ泣き、涙が止まらなかったわー。

泣きゲー世代にはたまらん。クリティカルヒット。
陽介と詠と黒猫の3人の物語。
OPムービーと体験版からしてもう全然隠す気のなかった黒猫=詠という設定プラス2ちゃんで更なるネタバレ食らっていてもプレイ中泣いた。
さいろーってエロ以外もばっちり、感動系の話も書けるんだな。
もちろん音楽の力も大きかったですねえ、名曲すぎぃぃぃ!

猫詠が"人"になり、"人"として学び、最後は"人間"になる。
ラストは泣けるというよりかは鳥肌が立つ感じで。
大人たちがまたいい味出しているのよね。
あの異端神父はもうなんでもお見通しな感じで立ち回っていたから当然としても、詠母に寝子麗さまも。
朧白はいいところだなあ。

色々書きたいことはあるんだけど何書いてもネタバレになりそうで困る。
これで雛桜ルートもかなり期待できることはわかった。
同等以上らしいし。
とりあえず自分の2013ナンバー1作品候補なのは間違いない。
暫定1位の百花繚乱エリクシルに、それに迫っている幻創のイデア(未コンプ)にこの作品。
去年の不作が嘘のような当たり年ですわ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rag2suzukaze.blog.fc2.com/tb.php/102-c1bbf6d9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。